ジャズ・フュージョンの楽譜・教則.jpg

VOL.323 THE V.I.P CLUB  URBAN LIFE

作業用のBGMなんか紹介しましたが、通して聴いてもサラリと気持ちよく聴けるアルバムを紹介しましょう。以前、1枚目のアルバムCoconut Kissを紹介したTHE VIP CLUBの2枚目「Urban Life」です。

ドラムのウォルフガングハフナーWolfgang Haffner率いるこのユニット、相方のベースはウイルリーWILL LEE、これだけでカチッとした質の高いフュージョンは約束されたようなものですが、
今日は他のメンバーにも注目。

特に5曲目なんかでアーバンなイメージを出してるのがヴィヴラフォン、奏者はロイエアーズROY AYERS、フュージョンというかファンク、アシッドジャズの世界の人ですね。
Last.fmでも彼のアルバムが視聴できるけど、オリジナルもなかなか癖になりそうなサウンドがいっぱいです。それにしても、自身のアルバムではこんなにヴィヴラフォンを弾いてないような・・・

そして、ホーンセクションがよく見るとなるほど!なメンバー。
ソプラノサックスのジェイベッケンスタインJay Beckensteinと言えばあのスパイロジャイラの。
そして、テナーのピーウィーエリスPee Wee Ellis、トロンボーンのフレッドウェスレイFred Wesleyといえば、かのジェイムスブラウンJBホーンズのメンバーでは!
なるほど、何となくファンク、アシッドジャズの香りはここから漂っていたのです。

そして、ボブジェームスBob JamesのピアノにチャックローブChuck Loebがギターで泣けば、
いくら聴きやすい凝りすぎない曲ばかりとはいえ、さすがに極上のノリとサウンドです。

1,000円ドライブのお供にどうぞ。


Urban Life
Urban Life
posted by groove! at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | すべてにおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VOL.322 作業用BGM

さて、高速道路が1,000円となりました。ETCまだ付けてない人もいるだろうけど、日頃の朝夕も結構半額になったりしてお得なのでこの機械に是非取り付けてみては。
ちょっと隣の隣の県ぐらい遊びに行こうかとも思ったけど、年度末のえらい忙しい日々が落ち着いたので今日は読まずにたまっていた読書でもと家にいることとしました。

読書のお供はだいたいはiTuneでネットラジオを聴いてるけれど、ニコ動のmp3変換サービスのサイトを開いてみました。
フュージョンやスムーズジャズで検索すると、これまたいろんなBGMパックがありますね。
これはネットラジオ同様楽しめますよ!


nicomimi フュージョン.jpg

posted by groove! at 17:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VOL.321 小林香織 ゴールデンベスト初回限定版DVD付き

いきなり脱線で恐縮すが、みなさんパソコンのブラウザはやっぱりインターネットエクスプローラーなのでしょうか?
僕はGoogleクロームを使ってるのですが、とにかく何もかもが速いのでもうIEは使えなくなりました。
IE8のベータ版を使ってこのブログを見ると見事に右サイドバーが崩れます。
で、IE8の正式ダウンロードが始まったのでちょっと期待して落としましたが、やっぱり崩れます。
しかもYahoo!のトップページでさえ崩れます。
どうなってるのでしょうかね、マイクロソフトって?
まあ、対応できていないサイトも未だ少しあるけれど、是非、Googleクロームを体験してみて下さい。
Googleクローム
最初シンプルすぎて、え?って思うかもしれませんが、ブックマークやらもすべてドラッグ&ドロップで使いやすいと思います。

さて、本題。

車好きに人気だったCarGraphicTVのテーマソングって?という質問を以前されて調べてなかったのですが、松任谷正隆氏なんですね、そしてそのサックスが小林香織なんですよね?
そうだったんだ。という感じなのですが、このテーマソングはどちらのCDにも入ってないそうです。
CarGraphicTVテーマソング【YouTube】

この小林香織というまあ日本では珍しい女性サックスプレーヤー、ビジュアルも含めて人気だそうです。
確かに美しい音色で、僕らのような個性的な音を聴きまくっているフュージョンファンにとってはかえってピュアな心地よさを与えてくれます。
女性という共通点でJPOPばかりのOLのみなさんにもインストゥルメンタルの世界のとっかりにして欲しいし、ジャズフュージョンという世界の入り口としては本当に心地よく聴けるものです。


男女共同参画やジェンダーと、女性であるということを取り立てて話せないような今の時代ですが、音楽の世界で女性が前に出てくることがまだまだ少ないのは事実。
スポーツなんてのは、スケートもスノボもソフトボールもゴルフもバドミントンも卓球もテニスも・・・もうきりがないほどに女性が活躍しているのだから、音楽シーンももっともっと女性が活躍するような時代になってもいいのになと僕自身は思います。
そういう意味でも小林香織頑張れ!




ゴールデン・ベスト(初回限定盤)(DVD付)
ゴールデン・ベスト(初回限定盤)(DVD付)
タグ:小林香織
posted by groove! at 12:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 管楽器好きにおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。