ジャズ・フュージョンの楽譜・教則.jpg

VOL.335 マイケルジャクソンMichael Jackson スリラー(紙ジャケット仕様) [Limited Edition]

第335回の記事はやっぱりラリーカールトンなんかだと思ってたけれど、さすがにマイケルジャクソンを書きたくなって。

そりゃあいろんなブログで書かれてるだろうけど、まあどのように形容していいのやら。
さて、そんなマイケルジャクソンの普通に聴いていたアルバムを見直すとさすがに凄い。

代表作と言えばやはり「スリラーThriller」
参加している面々は、クインシージョーンズはじめ、
ポールマッカートニー Paul McCartney
ルイスジョンソン Louis Johnson
ポールジャクソンジュニア Paul Jackson jr
スティーブルカサー Steve Lukather

ンドゥグ チャンクラー Ndugu Chancler
ジェフポーカロ Jeff Porcaro
スティーブポーカロ Steve Porcaro
デイヴィッドペイチ David Paich
エディ バンヘイレン Eddie Van Halen
など他多数、豪華な顔ぶれです。

おなじみのBeat Itのギターソロがヴァンヘイレンというのは当時ロック好きの間で有名になったけど、
この曲はさらに2人のギタリストが投入されています、スティーブルカサーとポールジャクソンジュニア。
いやー、改めて聴いてみたけれど、左に聞こえる短音リフがヴァンヘイレンで、右がルカサー?それとも
ポールジャクソン?しかもベースが何とスティーブルカサーだそうで。
ということはサビのリフなんてのは豪華なユニゾンですなあ。

そしてマイルスデイビスもカバーしたHuman Nature。
これはスティーブポーカロがつくった曲なんですね。
歌詞はJohn Bettisという人でカーペンターズのトップオブワールドなんかを書いた人だそう。
キラキラしたこの曲を印象付けているのが美しい音色のギター、スティーブルカサーだったんですね。

そして、これらの曲のドラムはジェフポーカロ。
ポーカロファンも有名な曲すぎてひょっとして見逃していたテイクかもですね。

偉大なる才能は、クインシージョーンズはじめ多くのミュージシャンに見いだされていたのでしょうね。

まもなく(7月8日)紙ジャケで限定発売だそうです。
買っちゃおうかな。


スリラー(紙ジャケット仕様)
スリラー(紙ジャケット仕様)
posted by groove! at 13:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歌ものファインプレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VOL.334 パッセンジャー57

少しご無沙汰です。と言うか、ここ何年もの間で自分としては超級のストレスを受けては流しております。
「転職」の渦中です。

いやー、えらい悩みもしました。
でも、人間、決断する時はしないといかんなと。
これは結婚式以上の大変さかもしれません。
でも、全ては自分の可能性を試せるのもあと何年くらいかな?と素直に考えた結果です。
そういう意味ではパワーがみなぎっているのですよ。

今回、いろんな人と話したり本を読んだりもしましたが、
僕の背中を少し押してくれたかなって思う本を紹介しておきましょう。

史上最強の人生戦略マニュアル

まあ、こういった類の本は人それぞれの捉え方ですが、僕の場合はまた読み返すような気がします。
ちょっと分厚い本ですけどね。


さて、気分を変えて。
GyaOで見つけたのが「パッセンジャー57」
音楽動画じゃなくてね映画。
ご存じの方も多いでしょうが、Music by スタンリークラークです!

イントロから来ますね〜、ジワジワとスタンリー節が。
と言うわけでこんな最中なんでイントロだけ見たのですが、7月1日終了までには良い機会なので何とか全編見ておきたい(と言うかBGMを聴いておきたい)なと。
のんびり系の幸せな時期のあなたは是非今すぐ。

GyaO無料動画


posted by groove! at 22:31 | Comment(1) | TrackBack(0) | TODAY’S GROOVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VOL.333 ビートルズ デジタルリマスター

ほー、333ですね、おめでたいので偉大なバンドの話題でも。

さて、これ。
現在、Amazonで販売されているおなじみのアルバム。

レット・イット・ビー

ご存じ、ビートルズの「LET IT BE」
それはもう聴きまくりましたねその昔。
ただ、今までのレットイットビーじゃあなくてデジタルリマスター。
何と、ビートルズのアルバムがデジタルリマスターで9月9日に登場だそうです。
で、今まで発売されていた仕様のアルバムは全世界で現在庫のみだそうです。
オフィシャルニュース

デジタルリマスターというのはご存じの通り、現代の音作り技術を駆使して再生するわけですが、
確かに現代技術で蘇った音もとても気になりますが、これまたオリジナルの音源も価値が出るわけで、
うーん、これは新旧共にセールスになるんでしょうな・・・





タグ:ビートルズ
posted by groove! at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | TODAY’S GROOVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。