ジャズ・フュージョンの楽譜・教則.jpg

VOL.358 ステップスアヘッド/ライブイン東京1986

あっという間の1週間、また月曜日が来ました。先週の仕事は、ゴルフで言うと”出入りの多いゴルフ”と言った感じ?
ボギーも多けりゃ、バーティーもそこそこありました。
まさに気がつけば18番。と言った感じですかね。

今の仕事は、自分の”保身”とか全然無いのが楽です。
僕の年齢だと、微妙に辛い立場にある人も周りに多いのだけど、
話すほどに全てが消極的、つまり何よりも大事なのが保身なわけです。
生きていく、生活していくにはもちろん大事な事で理解するけれど、
それを二の次に考えて行動できる僕自身はある意味幸せ者かもしれません。

ただ、会社のために”闘う”時も必要な事態もあって、
”人を斬る”事に迫られるのが何とも後味の悪いものですね。
斬られる方が楽に思えるようになりました。
まあ、綺麗事だけで生きてはいけないですね、それも妙味と楽しむしかないか・・・

さあ、オフに切り替えて聴く音楽。
十人十色だと思います。
僕の場合、結構疲れたな・・・って時にスローなヒーリング系というのももう卒業してしまって。
ステップスアヘッドなんか結構聴きますか。
マイクマイニエリのヴィヴラホーンが何とも気持ちをワープさせてくれてね、
それでもって、ブレッカーのサックスがリアルに乗っかってきてね。
曲の展開もどんどん遠い処へ連れて行ってくれる。
もう500の缶ビール1本で幸せだわ。

さて、僕としては超名盤のDVD。
「ステップスアヘッド ライブイン東京1986」
何故かYAMAHAのJAZZスタンダードという復刻シリーズで2625円?
うわー、CD並の価格はこれ絶対買いですね。
何故、これがスタンダードと銘打つシリーズに入ったの???
マイクマイニエリ、マイケルブレッカーはもちろん、
何と言っても我らがマイクスターンのギターは炸裂、スティーブスミスのドラムも黙ってる訳がなく、
”適役”と正に思えるのがダリルジョーンズの”ブキブキ”なベースです。

よく考えたら、今はこんなにエキサイティングなユニットもほとんど無いですよね・・・
どんなプレイヤーにも参考になる素晴らしいライブビデオです、ほんと。


ライヴ・イン・東京 1986 [DVD]
ライヴ・イン・東京 1986 [DVD]
posted by groove! at 03:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | すべてにおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VOL.357 大村憲司77年音源

さて、ギターチャレンジの課題曲、大村憲司のYUMEDONO。そこそこいい感じに仕上がってきました。
ソロの「怒濤の三連符」も結構成功率が上がってきたかな。
それも難しいのだけど、彼の曲を弾いていると高中正義同様にピッキングのニュアンスが凄く難しい。
音の切り方とかタイミングがやっぱりあのカッコよさを出してるんですね。
それともう一つ気づくのは、このYUMEDONOに関してはドラマーのジェフポーカロの巧さ。
ドラマーとしては”モターッ”とした曲なので凄くタメが難しいけれど、ギタリストにとってはとても弾きやすいリズムで引っ張っているのがよく解ります。
普段の生活でも相手の気持ちになかなか立てないけれど、さすがに超一流のドラマーはその辺がすごい気配りなのかもしれないね。
まあ、それがセッションというもの。
打ち込みの曲が少々つまらないのはその辺のカケヒキが無いせいだろうね。

さて、大村憲司で何か面白い記事でも無いかと探していたら凄い音源が見つかりました。
このサイト、77年の大阪南港でのライブを生録されていてそれが上がっています。
ドラムはこれまた村上ポンタ秀一で「何ですか、このドライブ感は!!」といった感じ。
テレキャスの音がキンキンしていいなあ〜
そう言えば、テレキャスと言えば、
キースリチャード、マイクスターン、チャー、ジミーペイジ、そう、ジョーウォルッシュのホテルカリフォルニアのソロもテレキャスだった? なるほど強者が多いですね・・・


posted by groove! at 02:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VOL.356 古川もとあき/Sound Locomotive

GWお疲れ様。お疲れ様?っていうのもおかしいか。
でも大渋滞を乗り越えた人もいっぱいいるだろうし。

まあ、高速1,000円の恩恵も利用させてもらおうと、僕も往復500qのプチ旅を敢行。
この距離を往復2,000円はやっぱりETCのゲートが上がる瞬間、ちょっと感動ですね。
愛知県は蒲郡のテーマパーク「ラグーナ蒲郡」というところへふらりと行ったのだけど、
GWだけの「ミスティノーチェ」というナイトショーがもう最高でした。
地方のテーマパークとしてはもう出来すぎです。
誰が演出してるのでしょうか??
アクトレスたちも凄い”目力”で。
僕も仕事で何かを演出していたくて、写真なんかも撮ってるのだけど、イメージとしてすごく参考になりました。

さて、本題。
スムーズジャズがアメリカの渋滞政策というのは嘘か誠か。
まあ、気分が和む音楽ではあります。
僕のようにあれこれとうるさくなると、このスムーズジャズとフュージョンは定義はないけど別のものとなります。
古川もとあき。
もうお手本と言ってよいほどの”フュージョンギタリスト”です。
渋滞に連れていくにはもうもってこいのアクの無さで、超がつく爽やかなサウンドです。
神戸の人はご存じでしょうか。
彼はゲームミュージックも手がけます。(元コナミの社員)
ビートルズの「涙の乗車券」「ヘルプ」で目覚めたそうです。
リーリトナーを師と仰ぎます。
もちろん、カシオペアや高中のコピーで明け暮れたそうです。
ジャズ理論は独学です。
どんなギタリストにもありがちなパットメセニーがプロフに出て来ません。
当然、マイクスターンなどはかけらもありません。
SLファンだそうです。
何と爽やかな!

まあ1曲聴いてみて

Motoaki Furukawa_Sound Locomotive_01.sound locomotive【YouTube】


Sound Locomotive

これが驚く事に!!
Guitars_是方博邦(Hirokuni Korekata)_Track_4
Guitars_PATA(Tomoaki Ishizuka)_Track_6
Bass_櫻井哲夫(Tetsuo Sakurai)_Track_1.9.10
Bass_青木智仁(Tomohito Aoki)_Track_7
Bass_岡沢章(Okazawa Akira)_Track_2.3.5.8
Bass_松原秀樹(Hideki Matsubara)_Track_4.6
Keyboard_宮城純子(Junko Miyagi)_Track_1.2.3.4.5.6.8.9.10
Drums_神保彰(Akira Jimbo)_Track_1.9.10
Drums_渡嘉敷祐一(Yuichi Togashiki)_Track_2.3.5.7.8
Drums_そうる透(Soul Toul)_Track_4.6
Percussion_斉藤ノブ(Nobu Saito)_Track_1.2.5.7.9
Saxophone_本田雅人(Masato Honda)_Track_3.10


なんと豪華〜〜
posted by groove! at 02:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギター好きにおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。