ジャズ・フュージョンの楽譜・教則.jpg

VOL.373 JAD&DEN QUINTET/Maxine

今年もあと10日。やらねばならないことを頭に描くだけで・・・多分、10日では足りない。
結構、電話やメールが静まる夜中が勝負になるのだけど、
何と今年はいつもよりお誘いが多い。
そう忘年会。
何故呼ばれるのか解らないのもあるのよ。笑
でも、有りがたい。
楽しんでもらっても、重宝がられても、何でもいい。
何だかメールしかしてないわ、という人も結構いたりして。
やっぱり生身の人間、体温を感じて話してみれば、きっと美味い酒にも出会うから。

忙しい師走の夜はちょっとしっとり水割りでも。
バーボン?そう、ライとか合いそうな美しい曲、ドナルドフェイゲンのMaxine。

若くPoorな2人だけど、心の中はとてもRich。
現代生活をしていると、こんな普通の人間らしさが”憧れ”になってしまう。
あまりにもそのままの邦題「愛しのマキシン」も全然違和感ないね。


さて、このバラード、こんな素敵なクインテットが演奏してました。
Jad&Den Quintet  Maxine【YouTube】



もちろん、本家フェイゲン、切ないくも夢ある不思議な曲に仕上がっています。

ナイトフライ
ナイトフライ
posted by groove! at 01:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VOL.372 中野ブロードウエイ

千葉に引き続き、東京に4日間。仕事はやっぱり東京にある。
とにかくメールでは埒のあかないアナログな付き合い、出会い。
いろんな人にいろんなドラマがあるもんだ。

さて、中野の取引先には14時と決めている。
中野駅から商店街を1本外したところの「香港亭」
ここのランチが密かな楽しみ。
香港はね、ちょっとだけ住んで働いてもいたんよ。
ニューヨークでもロスでもトロントでも商談ランチはチャイナタウンの飲茶で決まり。
結構中華にうるさいほう。
でもね、美味いのよ、多いのよ、安いのよ!日本人向けに味は変えてくれてね。

さて、取引先に中野の路地裏は「中野ブロードウエイ」に行かないと・・・と。
帰りに立ち寄ると「何だここは!!」
オタクでも何でもないんだけれど、これはビックリ、台北の夜市並のゴチャゴチャ感、たまらんね。
お陰で次ぎのアポは遅刻。

で、こんな本まであるとは、恐るべし中野。



のせすぎ!中野ブロードウェイ
のせすぎ!中野ブロードウェイ
posted by groove! at 03:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | TODAY’S GROOVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VOL.371 FNS歌謡祭のステージ右のギターの人って?

先日、千葉へ・・・と書いたのもつかの間、来週はほとんど東京にいることになって、講演の原稿もできてなくて・・・ちょっとおしりに火が付いて来たので土曜なのに遅い帰宅。
エコポイント追い込み需要で品薄で、やっと来たリビングの以前よりでかく圧倒されそうなTVを見ると(それでももう1台は未だ来ない)何とも豪華なセットでミュージックショー。
「あーFNS歌謡祭だね、うーん年末なんだ」と感心しているも目はステージ上手のギタリストへ・・・
マッチと堂本君のバックで何とも気持ちよいディストーション(TVなので限界あるが)、鳥山雄司じゃないか!!
そう、鮮やかなブルーのギターは、ジェイムスタイラー!(ですよね??ギタリストの皆さん)


ネットの情報は早いね、もう質問広場とかで誰かが聞いている。
「あのFNSのギターの人は誰ですか?」と。
そうですよ、鳥山雄司です。
が、その答えには彼の事は詳しく書かれていません。そう、このブログでは何度も言うけどあの「世界遺産のテーマ」をつくった人です。
もちろん、演奏しています。もちろんギターですよ。

彼のアルバムは本当にいいものばかり。
でもね、やっぱりギューンと気持ちいいのはTRANSFUSIONかな。


タグ:鳥山雄司
posted by groove! at 02:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | ギター好きにおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。