ジャズ・フュージョンの楽譜・教則.jpg

VOL.289 SMV サンダーThunder

amazonで注文しておいたSMVのTHUNDERが到着しました。
(初体験でしたがamazonは予約時より値段が下がれば勝手に安いほうに合わせてくれるのですね)

いや、さすがに話題作ですね。
まあ来月に東京と大阪,福岡のビルボードでライブがあるので行く人は必聴ですが。

「ベースギター」という存在は昔から”地味”なもの。
それこそ70〜80年代、アマチュアバンドを組む時に、
何となく楽器が上手くないやつがベースがサイドギター(死語ですが)と相場は決まってました。
”ギターヒーロー”とはよく言っても”ベースヒーロー”っていうのは聞かないですし・・・

そんななかで、たった4本の弦で奏でる(まあ最近は5本も6本もありますが)この楽器に独自の世界観を与えてきたのがフュージョンプレーヤーたちですね。

そして、その中でもこの3人。
もう音を聴けば目をつむってもわかるほどの個性、世界をつくりあげてきたベースの鉄人トリオです。

1曲目から思わずニヤリとさせられたのは僕だけじゃないと思うけど、もう全編に3人の個性がぶつかり合います。

企画ものと言えば、通な方には遠慮されがちかもしれません。
この3人の誰か1人でも「俺は博士級にこいつのベースを知り尽くしている」という人がいるならば、これはきっと大満足ではないかもしれないです。
それは当然で、なぜならその魅力が3等分されているから。

でも、単にベースを弾く人ならその妙味を堪能できるだろうし、フュージョンが好きな人なら気負い無くベースの効いたサウンドを楽しめるはずですよ。

欲を言えばTUTUは、もうちょっとベタベタで3人のアプローチが聴きたかったなと思うくらいかな。

全体的には◎で、買いです。


スタンリークラークSTANLEY CLARKE
マーカスミラーMARCUS MILLER
ヴィクターウッテンVICTOR WOOTEN

Thunder
Thunder

posted by groove! at 16:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | ベース好きにおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
これかっこいいですね〜。
クラークのふっくらした顔に年齢を感じます。
もっと若かったら今より気持ちよく聴けると思います。
ベースのパワーに圧倒されつつそのパワーに負けて
聴いていると疲れます、、、
大学生だったらもっと気持ちよく感じた気がして
自分の変化を感じます。
Posted by bonejive at 2008年08月26日 22:30
bonejiveさん、どうもです。
パワフルな3人なのでプレイを頭で追いかけてると確かにこちらもパワーがいります。
まあ音色やフレーズで誰のパートかとてもわかりやすい3人ですが、折り重なるようなアレンジが休む間を与えてくれないですね。
まあ、そういう意味では、そもそものコンセプトである「ライブバンド」たる所以で、ライブだと直球で楽しめるのかもしれません。
まあ、さすがに円熟した3人なので、超絶プレイの見せ合いみたいな軽いつくりじゃないのが大人向けかもしれないなあと思います。
そういう意味では僕も年をとった・・・
Posted by groove at 2008年08月27日 01:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104737593

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。