ジャズ・フュージョンの楽譜・教則.jpg

VOL.335 マイケルジャクソンMichael Jackson スリラー(紙ジャケット仕様) [Limited Edition]

第335回の記事はやっぱりラリーカールトンなんかだと思ってたけれど、さすがにマイケルジャクソンを書きたくなって。

そりゃあいろんなブログで書かれてるだろうけど、まあどのように形容していいのやら。
さて、そんなマイケルジャクソンの普通に聴いていたアルバムを見直すとさすがに凄い。

代表作と言えばやはり「スリラーThriller」
参加している面々は、クインシージョーンズはじめ、
ポールマッカートニー Paul McCartney
ルイスジョンソン Louis Johnson
ポールジャクソンジュニア Paul Jackson jr
スティーブルカサー Steve Lukather

ンドゥグ チャンクラー Ndugu Chancler
ジェフポーカロ Jeff Porcaro
スティーブポーカロ Steve Porcaro
デイヴィッドペイチ David Paich
エディ バンヘイレン Eddie Van Halen
など他多数、豪華な顔ぶれです。

おなじみのBeat Itのギターソロがヴァンヘイレンというのは当時ロック好きの間で有名になったけど、
この曲はさらに2人のギタリストが投入されています、スティーブルカサーとポールジャクソンジュニア。
いやー、改めて聴いてみたけれど、左に聞こえる短音リフがヴァンヘイレンで、右がルカサー?それとも
ポールジャクソン?しかもベースが何とスティーブルカサーだそうで。
ということはサビのリフなんてのは豪華なユニゾンですなあ。

そしてマイルスデイビスもカバーしたHuman Nature。
これはスティーブポーカロがつくった曲なんですね。
歌詞はJohn Bettisという人でカーペンターズのトップオブワールドなんかを書いた人だそう。
キラキラしたこの曲を印象付けているのが美しい音色のギター、スティーブルカサーだったんですね。

そして、これらの曲のドラムはジェフポーカロ。
ポーカロファンも有名な曲すぎてひょっとして見逃していたテイクかもですね。

偉大なる才能は、クインシージョーンズはじめ多くのミュージシャンに見いだされていたのでしょうね。

まもなく(7月8日)紙ジャケで限定発売だそうです。
買っちゃおうかな。


スリラー(紙ジャケット仕様)
スリラー(紙ジャケット仕様)
posted by groove! at 13:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歌ものファインプレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。