ジャズ・フュージョンの楽譜・教則.jpg

VOL.351 インコグニートINCOGNITO/ビニースザフェイスBeneath the Surface

某ホテルの地酒の催し。ビールに日本酒、焼酎、ワイン、何とも口当たりのよい美酒に酔いしれ、お開きには誰とも無く「飲み直しましょうか」と。
意気投合で近くの店へ。
これが何と全員初対面というセッティング。
でも、そのことに待ったく気付かないほどに全員が人見知りしないというかサッパリした面々。
僕以外はデザイナーなんかのクリエイティブで、まあ僕もその世界にいたので全く違和感無くて。
いやー、久しぶりに涙が出るほど笑ってよい酒でした。

さて、今日のお題目は、インコグニート。
アシッドジャズってやつですね。
ジャズフュージョンに凝り固まっていた僕はこのアシッドジャスってものを知らなかったのだけど、教えてくれたのは、逆にジャズフュージョンを教えて欲しいと言っていたデザイナーの女性でした。
ポップスを聴いていた彼女からすれば、ちょっとジャズ寄り。
そして、僕からすればちょっとポップス寄り。
フュージョンというのがある意味”中間”ならば、このアシッドジャズというのも正に”中間”なわけです。
これが何とも心地よい。演奏も高い技量で十分に楽しめます。

特にこのインコグニートは、やっぱり見えない魅力が”イギリス”っていうとこでしょうか。
例えばLEVL42のロックっぽさをジャズっぽくした感じ?アメリカではないちょっと陰を持った独特の香りがいい感じです。

16ビートでダンサブルなノリがこのての音楽の象徴かもしれないけれど、このアルバムで結構聴いてしまうのがミドルバラード「a shade of blue」。エンジェルのごとく突如現れた意中の人。でも、気がつけばその人は手の届かないところにいる。そんな体験を「バラが蒼い陰に変わることを知った」と何とも切ない表現です。誰にでもあるこの叶わぬ恋をクールに歌い上げるのがメイザリーク。いやー大人だわ。

インコグニート。なるほどポップスを卒業したい女性にはもってこいかもしれないですね。


ビニース・ザ・サーフェイス
ビニース・ザ・サーフェイス
posted by groove! at 17:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歌ものファインプレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142403385

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。