ジャズ・フュージョンの楽譜・教則.jpg

VOL.357 大村憲司77年音源

さて、ギターチャレンジの課題曲、大村憲司のYUMEDONO。そこそこいい感じに仕上がってきました。
ソロの「怒濤の三連符」も結構成功率が上がってきたかな。
それも難しいのだけど、彼の曲を弾いていると高中正義同様にピッキングのニュアンスが凄く難しい。
音の切り方とかタイミングがやっぱりあのカッコよさを出してるんですね。
それともう一つ気づくのは、このYUMEDONOに関してはドラマーのジェフポーカロの巧さ。
ドラマーとしては”モターッ”とした曲なので凄くタメが難しいけれど、ギタリストにとってはとても弾きやすいリズムで引っ張っているのがよく解ります。
普段の生活でも相手の気持ちになかなか立てないけれど、さすがに超一流のドラマーはその辺がすごい気配りなのかもしれないね。
まあ、それがセッションというもの。
打ち込みの曲が少々つまらないのはその辺のカケヒキが無いせいだろうね。

さて、大村憲司で何か面白い記事でも無いかと探していたら凄い音源が見つかりました。
このサイト、77年の大阪南港でのライブを生録されていてそれが上がっています。
ドラムはこれまた村上ポンタ秀一で「何ですか、このドライブ感は!!」といった感じ。
テレキャスの音がキンキンしていいなあ〜
そう言えば、テレキャスと言えば、
キースリチャード、マイクスターン、チャー、ジミーペイジ、そう、ジョーウォルッシュのホテルカリフォルニアのソロもテレキャスだった? なるほど強者が多いですね・・・


posted by groove! at 02:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。