ジャズ・フュージョンの楽譜・教則.jpg

VOL.358 ステップスアヘッド/ライブイン東京1986

あっという間の1週間、また月曜日が来ました。先週の仕事は、ゴルフで言うと”出入りの多いゴルフ”と言った感じ?
ボギーも多けりゃ、バーティーもそこそこありました。
まさに気がつけば18番。と言った感じですかね。

今の仕事は、自分の”保身”とか全然無いのが楽です。
僕の年齢だと、微妙に辛い立場にある人も周りに多いのだけど、
話すほどに全てが消極的、つまり何よりも大事なのが保身なわけです。
生きていく、生活していくにはもちろん大事な事で理解するけれど、
それを二の次に考えて行動できる僕自身はある意味幸せ者かもしれません。

ただ、会社のために”闘う”時も必要な事態もあって、
”人を斬る”事に迫られるのが何とも後味の悪いものですね。
斬られる方が楽に思えるようになりました。
まあ、綺麗事だけで生きてはいけないですね、それも妙味と楽しむしかないか・・・

さあ、オフに切り替えて聴く音楽。
十人十色だと思います。
僕の場合、結構疲れたな・・・って時にスローなヒーリング系というのももう卒業してしまって。
ステップスアヘッドなんか結構聴きますか。
マイクマイニエリのヴィヴラホーンが何とも気持ちをワープさせてくれてね、
それでもって、ブレッカーのサックスがリアルに乗っかってきてね。
曲の展開もどんどん遠い処へ連れて行ってくれる。
もう500の缶ビール1本で幸せだわ。

さて、僕としては超名盤のDVD。
「ステップスアヘッド ライブイン東京1986」
何故かYAMAHAのJAZZスタンダードという復刻シリーズで2625円?
うわー、CD並の価格はこれ絶対買いですね。
何故、これがスタンダードと銘打つシリーズに入ったの???
マイクマイニエリ、マイケルブレッカーはもちろん、
何と言っても我らがマイクスターンのギターは炸裂、スティーブスミスのドラムも黙ってる訳がなく、
”適役”と正に思えるのがダリルジョーンズの”ブキブキ”なベースです。

よく考えたら、今はこんなにエキサイティングなユニットもほとんど無いですよね・・・
どんなプレイヤーにも参考になる素晴らしいライブビデオです、ほんと。


ライヴ・イン・東京 1986 [DVD]
ライヴ・イン・東京 1986 [DVD]
posted by groove! at 03:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | すべてにおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150854650

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。