ジャズ・フュージョンの楽譜・教則.jpg

VOL.361 イーグルス/ホテルカリフォルニア

台湾から帰国後、あれやあれやという間に1週間。まあまた新しい出会いもいろいろありまして、
とにかく退屈の無い毎日で結構なことです。

そんな事で、夜な夜なのお付き合いも増え(無理矢理増やしているのではないのか!?)
土日に仕事を引っ張るという、あまりよろしくない形で今日は自宅で資料作成。
雰囲気変えようとネットラジオのチャンネルをフュージョンからオールドロックへ。

かかりますね、この曲は。
往年の名曲「HOTEL CALIFORNIA」
何度聴いても嫌にならずに聴ける、こんな曲もそう多くはありません。

さて、収録されているイーグルスの同名のアルバム。
Amazonにはこう解説されています。
「アメリカという国の、或いは人間の、夢の終焉と退廃をテーマとした官能と成熟の大傑作」
まあ、英語のキャッチの和訳なのでしょうが、なるほど意味が解るような解らないような。
でもね、ホテルカリフォルニアの歌詞をじっくり見てみると解った気がします。

鍵となる説明がいろいろと書かれているサイトを見つけました。(ご丁寧にサウンド付にて注意)
Hotel California

人生の華やかなホテル。
あなたはチェックインしましたか?
僕はしたと思うけど、チェックアウトもしようとして、出口も見つけようともしてるかもしれません。
それが、
出来るのか?
出来ないのか?


ホテル・カリフォルニア
ホテル・カリフォルニア
タグ:イーグルス
posted by groove! at 18:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | TODAY’S GROOVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。