ジャズ・フュージョンの楽譜・教則.jpg

VOL.366 インコグニートINCOGNITO/TALES FROM THE BEACH

よくもまあ毎日いろんな事が巻き起こる。まあ、これだから仕事は面白い。
出会い、始まり。
そして、終わりもあるね。
持ちきれないから捨てることも必要。
酸っぱいね。

アシッドジャズ。
フュージョン、ジャズ、AOR、クロスオーバー、ファンク、R&B・・・
ある程度”テクニック至上主義”的な音楽の聴き方をしていた僕にとってそれは”?”の世界だったわけです。
教えてくれたのは当時29歳の普通の人。
「で、音楽とかはやっぱりカラオケとかで歌うような?」
「いえ、カラオケは歌わないこともないけど、アシッドジャズが好きなんです」
「え、何ジャズ?」
当時、この音楽はクラブシーンから来たんです。

さて、仕事場が酸っぱくなってきたらちょっとCDを入れてみる。


Tales From the Beach
Tales From the Beach

文句無いね。
仕事がすすむ。
さて、このアルバム、2枚組で1枚はDVD。
ただね、DVDはライブがいろいろ入ってるんじゃなくてブルーイのメッセージ。
これはこれで僕はこのバンドについて思いも深まった気がします。

ブルーイ曰く。

「レコード会社はポップミュージックをまるでビスケットや車を売るかのように扱っている。
インコグニートはもっと魂を込めて音楽を作っています。
私たちは実際に身の回りに起こったことを歌うことや、他の誰にもまねできないものを演奏するという使命から私たちは逃げられないのです。
つまり、ジャズ、ファンク、アシッドジャズは人々の心に癒しを与えます。
何故なら素直に気持ちを表現する音楽だからです。
そこには嘘もなければ作り話もありません。
リアルなのです。
みんなの心の深いところで私たちの音楽を感じてくれているのです・・・」

ブルーイ.jpg


そうですね、
仕事とはいえ、うわべで付き合って見えないところで裏切られるのも、もう懲り懲りですね。
嘘、作り話・・・できるだけ見たくも聞きたくも無いんです。
素直にそのままの心情で気持ちを伝えられて、応えてくれる。
そんな人たちと過ごすことは、多分、お金儲けより大事に思えてきました。
だから音楽も質の高い音楽を聴きたいね。



さて、例のこの素晴らしい音楽を教えてくれた彼女はというと、
たまにメールしてきては「元気ですかね?ところで今、何聴いてますかね?」と。
このブログは知ってるけれど、この頃聴いてるのが知りたいわけですかね?
きっとこの号も読んでくれるだろうし、今度お返事を。

でも、いつもすすめたアルバムの感想などが来て、あなたの素直さには癒されますよ。
と、メールじゃ照れくさいのでこっちで書いとくことにしますかね。








posted by groove! at 18:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歌ものファインプレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。