ジャズ・フュージョンの楽譜・教則.jpg

VOL. 370 ウイルリー Will Lee/Oh!

ちょっとしたトレードショーが終わった。そう言えばこれで連続して千葉県への出張。
来年あたり3度目の正直で千葉県で何かある?
でも、広いね千葉県。

外国からのバイヤーと商談するのだけど、
何だか同じセラーの日本人からあちらこちらで声をかけてもらう。
しかも、もう10年来の人もいたり、そう言えば日本で会うのは初めての人がいたり。
僕なんか一時期業界を離れて浮気してたのに、みんな本当に嬉しいね。

そしてもっと嬉しいことが。
とあるアメリカ人のバイヤーと「はじめまして」と挨拶。
彼も「はじめまして」と言ってすぐに「でもあなたの事は知っています」と。

「Why?」

「何人もの人があなたを推薦していました。」と。
どうやら、彼のニーズにきっとマッチするビジネスができるのが僕だとみんな陰ですすめて名前まで告げてくれてたんですね。
そう、とても久しぶりに会って少し近況報告がてらビジネス紹介をしただけの人たちが・・・
やっぱり、みんな裏切れない人たち。
本当に幸せ者で感謝ですね。


帰りの新幹線。
ちょっと珍しいアルバムを聴いてみた。
まさにとても多くのミュージシャンに信頼されるベーシスト。
ウイルリー。
彼は本当は歌いたいんだね。
ビートルズがきっかけで音楽の世界に。
最初はドラムだったそうで、誰もやりたがらない地味なベースだとギグに出られる機会が多いのでは?という不純な?動機でベーシストへ。
しあわせトリックにも書いてたけどアクションの動機は不純でも、大事なのは結果だね。
もう世界的有名なセッションベーシストの1人になったんだから。

TOTOのGeorgyPorgyも歌声、切ないね。。。

Oh
Oh
タグ:ウイルリー
posted by groove! at 18:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベース好きにおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。