ジャズ・フュージョンの楽譜・教則.jpg

VOL.409 Pat Metheny Unity Group/KIN(←→)

前回の記事からなかなかUPできなかったけれど、もう何回聴いただろうか。

まず、聴いての最初の感想は「予想を超えていた」という事が全て。

Unity Band からUnity Groupへ、バンドからグループへの変化というのは単純にイメージすると小編成から大編成へ。
でも、2005年僕らの度肝を抜いたThe Way Upからすればメンバーは基本的に4人、そしてレコーディングではオーケストレーション(まあ、これがまた何人分にも凄いのかもしれないが)ということで大編成とも言えないのだけど、これがサウンドは大編成。

僕のようなPATファンは多いと思うのだけど、グループのファンなのね。もうPMGの再編はいつなんだ??と待ってもう9年ですか。
パットメセニーグループの醍醐味は正にサウンドの渦というかダイナミズム、そしてその大きな渦に潜む超絶テクニック。

いやあ、KINで再編されたと言えるでしょう。
うーんライブが見たいなあとつくづく思う。
いや、ライブではなくて「コンサート」が見たいな、っていうのが正しいニュアンスか。
ライブハウスではなくホールのスケール感で聴いて観たいものです。
来日するの?


Kin

Kin
posted by groove! at 20:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギター好きにおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。