ジャズ・フュージョンの楽譜・教則.jpg

VOL.54 ちょっと気にかかるフレーズ・・・

こんにちは!GROOVEです。

リンク先のギタリスト西尾君のサイトで気になる事が・・・

西尾君と出会ったのは彼が18歳の時だったろうか。
僕もバンドメンバーを探していて。
ネットのメンボサイトで探すんだけど、フュージョン関係のギタリストなんてなかなか。

そんな中で一人いたんですね。
しかも年齢18歳???それが西尾君
早速、メールでオファー。
音楽はともかく興味があるので「一度会わない?」って。

彼の年齢からして夜の街中じゃなくて、昼間のファミレスにて合流。
時間通り現れたのは、予想外に普通の少年でした。
話しを聞くと、もうフュージョンしか興味無くてギターを弾きまくっている。
自作CDを楽器店で販売している。
プロになるかどうかはわからないけどなれるならなりたい。
などなど・・・

印象的には日本のフュージョンからの影響の割合が高そうだったので、
勉強になるギタリストは海外でもいっぱいあるし、まだその年齢だからいろいろ耳から入れたら?というような事を話してたかな。

彼のアルバムは2枚とも買いました。
うーん、なかなかいいですよ。若さもあるしフレーズもいろいろと織り交ぜて。
考えてるなーあれこれと。
そんな努力が見えてきます。
僕はどちらかというと1枚目のAMAZING WORLDが好きかな。
でも2枚目はアメリカに渡った彼自身の中の情景がすごく理解できるし面白いんだけどね。

彼のサイトからネットで買う事が出来ます。試聴もできるみたいですよ。


西尾学 amazingworld.jpg
西尾学 impression.jpg



まあ普通、ロックから入っていってるギターキッズも是非、同年代でこんなギタリストがいることでも聞けば何かの刺激になるかもしれませんね!
是非、聴いてあげて下さい。

さて、本題・・・
彼のリンク欄に僕のサウンドエクスプローラーをリンクしてくれてます。
で、そのサイト説明が・・・

CDを買っていただいたお客様(?)

フュージョン好きの・・・

ナイスミドル・・・・・・・(・・)(。。)

ナ、ナ、ナイスミドル・・・・・・・

でも、否定はできないですね・・・

西尾君!僕は怒らないですよ、

せめて、ナイス!と言ってくれたから・・・

でも、ちょっと寂しい気になるフレーズ。。


posted by groove! at 15:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | TODAY’S GROOVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
まいどです。
何をまだ悪あがきしてまんねんな!
自分が20代の時、40過ぎのオッチャンをどんな風に見ていたか思い返してみたら良いでしょう。
まぁしかし「その時には見えなかった何か」を持ってるだろうけどね。
ちなみにミドルを越えると「アッパー」か?
僕は外国語さっぱりなので、教えてチョ!
Posted by ぐっち@同い年 at 2005年06月19日 23:26
ふぉー、ぐっち先生。
さすがに仙人みたいな事をいわはりますな。
いやいや、体が動くうちは悪あがきし続けます!!
「その時見えなかった何か」・・・
ワビサビです。
背中でブルース聞こえます・・・
ちなみにミドル超えると何でしょね?
ナイスシルバー??
それは寂しい気が。
ナイスゴールド。
これくらい持ち上げたいですな。
自分を。
ではー。
Posted by groove! at 2005年06月20日 01:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。