ジャズ・フュージョンの楽譜・教則.jpg

VIL.411大村憲司/ファーストステップ

大村憲司。
この非凡なギタリストがいなくなり何年経つのだろう。
もちろん、彼のプレイはこの世に残された音源でしか聴けない。

「KENJI SHOCK」
自分も弾けるんじゃないか!?と思うほどに聴いた。
え、あなたも?

そんな僕もあなたもビックリ驚くことになるアルバム。
それがファーストステップ。
幻のファーストアルバムなのか。

そして、これが、幻のKENJI SHOCK!
リズムロードに名曲レフトハンデッドウーマン・・・

KENJI SHOCKから聴いてしまった我らは順番が逆だ。
西海岸のフュージョンプレイヤーに料理された方を先に聴いたわけだ。

言わばこちらは「原曲」のようなもの。
フュージョンではない。
そう、まさにクロスオーバー。

深町純プロデュース、
坂本龍一、村上秀一、林立夫、高水健司、斉藤ノブなど・・・

現代にこれを聴ける幸せ。


続きを読む
posted by groove! at 16:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギター好きにおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VOL.410 ゲイリームーア/パリの散歩道

今さら、ですが。
未だ知らなかった人もいるようで。
そらまあいるでしょう。

羽生選手が選んだのかどうか全く知らないけれど、まさか、まさか、ゲイリームーアの曲がフィギュアスケートに使われるなんて!!
でも、初めてTVで見た時は正直感動したなあああ。

お父さんの世代のギターヒーローだったわけですよ。
だった、というのも彼はもう天国にいてね。

いやあ、久しぶりにYouTubeで見ると、なんちゅう恐ろしいレスポールの図太い音とサスティン!!もう、ウルウルもんでした。



ゲイリー・ムーア・ライヴ 【羽生選手SP使用『パリの散歩道』収録/オリジナル日本盤再現紙ジャケット仕様(パリの散歩道のギター楽譜付)/K2HDマスタリング+HQCD/完全限定盤】
posted by groove! at 19:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギター好きにおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VOL.409 Pat Metheny Unity Group/KIN(←→)

前回の記事からなかなかUPできなかったけれど、もう何回聴いただろうか。

まず、聴いての最初の感想は「予想を超えていた」という事が全て。

Unity Band からUnity Groupへ、バンドからグループへの変化というのは単純にイメージすると小編成から大編成へ。
でも、2005年僕らの度肝を抜いたThe Way Upからすればメンバーは基本的に4人、そしてレコーディングではオーケストレーション(まあ、これがまた何人分にも凄いのかもしれないが)ということで大編成とも言えないのだけど、これがサウンドは大編成。

僕のようなPATファンは多いと思うのだけど、グループのファンなのね。もうPMGの再編はいつなんだ??と待ってもう9年ですか。
パットメセニーグループの醍醐味は正にサウンドの渦というかダイナミズム、そしてその大きな渦に潜む超絶テクニック。

いやあ、KINで再編されたと言えるでしょう。
うーんライブが見たいなあとつくづく思う。
いや、ライブではなくて「コンサート」が見たいな、っていうのが正しいニュアンスか。
ライブハウスではなくホールのスケール感で聴いて観たいものです。
来日するの?


Kin

Kin
posted by groove! at 20:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギター好きにおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。