ジャズ・フュージョンの楽譜・教則.jpg

VOL.380 インコグニートIncognito/Tribes Vibes&Scribes

まもなく東京で見られるのですね、Incognito。
BlueNote

携帯の音楽プレーヤーが何のひょうしかランダム再生しているのに、毎回1曲目にインコグニートのColibriがかかるバグに。
でも、この曲は朝、駅まで向かうには何ともはまった曲で、それでいて何度聴いても飽きないのは何故?

ベースラインがシンプルなのに飽きない。でも、こんなライン考えられる?
ドラムがね凝ってるわけではないけど、でも、こんなとこでハイハット開けるリズムを考えられる?
まあ、そういうことだと思います。
一見シンプルでノリノリな曲ほど考え抜かれている。という典型でしょうか。

Amazonのレビューにも書かれているように、Possibilityはさすがに貫禄があると思うし僕も好きなんだけど、
このTribes Vibes&Scribesは更に素晴らしいアルバムですね。

ジャンポール”ブルーイ”は震災復興支援チャリティソングでも活躍ですね。多数の参加の中でラリーカールトンらも参加。







Tribes Vibes & Scribes

Tribes Vibes & Scribes
posted by groove! at 09:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギター好きにおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VOL.376 BEYOND THE BORDER feat. YUJI TORIYAMA

僕も仕事やらでいろんな国には行きました。「足りていない国」と言うほどの国には行ってないけれど(日本より遅れた国にはたくさん)
まあ、どこの国の人も国同士の政情なんかはあまり関係無くそこには”人間同士の友好”が必ずありますね。
ボーダーなんて、庶民レベルでは絶対に無いんです。

まあ、そして、偶然だけ、明日は僕も彼がビデオで言っているジャイカ(JICA)の関係で東南アジアの人たちを前に1時間ほどお話しをします。
小さな国際貢献が出来ればいいな。

早速ダウンロードして明日会場へ向かう道のり、携帯で聴いてみよう。

BTB×YUJI TORIYAMA

OnGEn(BEYOND THE BORDER feat. YUJI TORIYAMA)


タグ:鳥山雄司
posted by groove! at 01:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギター好きにおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VOL.371 FNS歌謡祭のステージ右のギターの人って?

先日、千葉へ・・・と書いたのもつかの間、来週はほとんど東京にいることになって、講演の原稿もできてなくて・・・ちょっとおしりに火が付いて来たので土曜なのに遅い帰宅。
エコポイント追い込み需要で品薄で、やっと来たリビングの以前よりでかく圧倒されそうなTVを見ると(それでももう1台は未だ来ない)何とも豪華なセットでミュージックショー。
「あーFNS歌謡祭だね、うーん年末なんだ」と感心しているも目はステージ上手のギタリストへ・・・
マッチと堂本君のバックで何とも気持ちよいディストーション(TVなので限界あるが)、鳥山雄司じゃないか!!
そう、鮮やかなブルーのギターは、ジェイムスタイラー!(ですよね??ギタリストの皆さん)


ネットの情報は早いね、もう質問広場とかで誰かが聞いている。
「あのFNSのギターの人は誰ですか?」と。
そうですよ、鳥山雄司です。
が、その答えには彼の事は詳しく書かれていません。そう、このブログでは何度も言うけどあの「世界遺産のテーマ」をつくった人です。
もちろん、演奏しています。もちろんギターですよ。

彼のアルバムは本当にいいものばかり。
でもね、やっぱりギューンと気持ちいいのはTRANSFUSIONかな。


タグ:鳥山雄司
posted by groove! at 02:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | ギター好きにおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。