ジャズ・フュージョンの楽譜・教則.jpg

VOL.43 ジャマイカボーイズ J−BOYS

こんにちは!GROOVEです。
ゴールデンウイーク真っ只中。
今日、明日は少し天気も悪いから、
家にのんびりしてる人も多いのかな。
鬱陶しい雨を吹き飛ばすような1枚を取り出しました・・・


1980年代、渡辺香津美の「TOCHIKA」で僕の前に現れたベーシスト、マーカスミラー
その後、1983年にリリースされた自身初のソロアルバム「SUDDENLY」を聴いたのは、
先日パットメセニーグループを一緒に見た先輩の家でした。
JBLのスピーカー(あの頃はLP板)から出てきた1曲目イントロのマーカスのチョッパーは今でも記憶に新鮮です。

そのマーカスミラーがNYのジャマイカ地区で結成したバンド、その名もジャマイカボーイズ。
このアルバムはJBの2作目ですが、1枚目よりもさらに強力なビートで演出されています。

メンバーは、マーカスの他、ドラムがレニーホワイト、キーボードはバーナードライトと今回ボーカルを担当しているディンキービンガム。

一言で言えばファンキー。
ファンク、R&B、GOGO、レゲエ、カリプソ・・・
もう黒いうねりが渦巻いてます。
マーカスのベースもおしとやかなフュージョンものとはまた違ったグルーブが聴けるし、
レニーホワイトのタイトでパンチあるドラムもかなりカッコイイですね。

ちなみに現在の再発CDはジャケットがオレンジ色のベースのようですが、
当初は緑色でした。(僕の持ってるのは緑です)
調べるとレコードはオレンジ、カセット(があるそうです)が赤だそうです。
うーん、緑版は貴重なのかな。

フュージョンもののマーカスしか聴いたことのないベーシストのみなさんもストレートな彼のノリを楽しめる1枚だと思います。
と言うか、ビギナーの方も、ちょいとドライブのお供にGOOD!
デートにも使っちゃって下さいね!


J-BOYS
J-BOYS
posted with amazlet on 06.12.22
ジャマイカ・ボーイズ
ビクターエンタテインメント (1998/03/21)
売り上げランキング: 105087
おすすめ度の平均: 3.0
3 ジャマイカ・ボーイズの2作目!
3 ジャマイカ・ボーイズの2作目!


onClick="location.href='http://groove5.seesaa.net'">
posted by groove! at 17:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベース好きにおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VOL.33 ジェラルドヴィーズリーGerald Veasley  ルック・アヘッドLOOK AHEAD

こんにちは!GROOVEです。

温かくなってきたなと思ったら、今日はストーブをガンガン。
まあ、これが三寒四温。
寒いけど、どことなく春っぽい寒さ(ややこしいな)ですよね。
あっ、ホワイトデーですね。
あなたにも「四温」が来るといいですね・・・

さて、今日はベーシスト、ジェラルドヴィーズリーです・・・

ジェラルドヴィーズリーはウエザーリポートに強く影響を受けたベーシスト。
つまり、ジャコパストリアスですね。
このアルバムでも随所にウエザーの臭いを感じます。

でも、もう少し1曲1曲がきれいにまとめられた美しいフュージョン。
彼に目をつけたのがウエザーの後のジョーザビヌル
ザビヌルシンジケートでプレイしました。
このアルバムにもジョーは参加してます。

その他サックスのグロバーワシントンJRやドラムにはこれまた旧友のオマーハキム。
やっぱりジャコっぽいベースにはオマーなんだなと。

彼のベースは弦6本。
それってギターじゃない??
6弦ベースを操る人もなかなかいないけど、6弦だから派手そうだけど全然派手じゃない。
そのあたりが大人なんでしょうか。
全体的には派手な曲はない。
でも、何故か繰り返して聴いてしまうんだな・・・
なのでちょっと遠出のドライブにはいい感じです。
疲れないんだなこのサウンド。
ご愛聴のほど。

Look Ahead
Look Ahead
posted with amazlet on 06.12.22
Gerald Veasley
Oxymoron (1996/02/15)
売り上げランキング: 344681



onClick="location.href='http://groove5.seesaa.net'">
posted by groove! at 04:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベース好きにおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VOL.32 トムケネディ Basses Loaded

こんにちは!GROOVEです。
風が春めいてきましたね。
仕事はこのところ一日30時間あったらなー・・・
っていう状態ですが、まあ春めいたウキウキ気分で乗り切りましょう。

さて、本日のおすすめはトムケネディです。
うん?誰なのそれ?って感じですか・・・

トムケネディは過去にステップスアヘッドでもプレイしてたっけ?
デイブウェックルバンドやアランホールズワース、リーリトナーやタニアマリア・・・
セッションベーシストですね基本的に。

このアルバムの相棒(ドラム)はデイブウェックルです。
全編の印象は落ちついた感じのフュージョンですが、
さすがにこのリズムコンビなのでリズミカルでとてもテクニカルです。
ゆったりとしたテンポでのデイブウェックルのソロも聴けちゃいます。
そしてジャケットにもあるようにトムはウッドも出してきてます。
パンチがあるのはタニアマリア。
熟女パワー炸裂(あ、失礼)ってとこでしょうか。
スキャットでの参加ですが、これはなかなか凄いスキャットです。
ファンキーなおばさまです。

少しフュージョンを聴き始めた人でも十分に心地よく聴けるし、
ドラマーとベーシストには必聴といったとこでしょうか。
実は僕はこのアルバムはジャケ買いだったのですが、
買った帰りの車で早速聴いた時はニッコリでしたね。
いい一枚だと思います。
アマゾンで視聴があります。


トムケネディ.jpg
Basses Loaded
Basses Loaded
posted with amazlet on 06.12.24
Tom Kennedy
Tkm (1996/05/02)
売り上げランキング: 319415
おすすめ度の平均: 5.0
5 超絶技巧ベーシスト:トムケネディのソロ作・・・内容は心地良いフュージョン!!



onClick="location.href='http://groove5.seesaa.net'">
posted by groove! at 02:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベース好きにおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。