ジャズ・フュージョンの楽譜・教則.jpg

VOL.86 チックコリアエレクトリックバンド ライトイヤーズ

本格的に寒くなりました。
何故か寒いとサックスが聴きたくなるんですね。
ボブバーグを久しぶりに聴いたから、
今日の帰り道の車中ではエリクマリエンサルを聴いてみました。
いやー、この人もなかなか良い。
そう言えば、この人はチックコリアエレクトリックバンドにいたんだなと・・・


チックコリアエレクトリックバンド ライトイヤーズ.jpg

と、言うわけで、チックコリアエレクトリックバンドのライトイヤーズを出してみました。
と言っても僕が買った頃はレコードだったんでカセットテープを取り出して・・・

何だかレコードで録音したカセットテープって明らかにCDから録ったものと違う。
うーん、僕はこういう機械のことはよくわからないけど、耳はちょっとは肥えてると。
何だか音の幅がね・・・そんなふうにはみんな思わないですか??

余談でした。

さて、このライトイヤーズ。
メンバーはこのバンドオリジナルの
チックコリア(key)
ジョンパティトゥッチ(b)・・・なんとも難しいカタカナ打ち
デイブウェックル(d)
フランクギャンバレ(g)
エリックマリエンサル(sax)

チックコリアエレクトリックバンドとしての2作目で、
エリックマリエンサルはこのアルバムから参加してます。

1作目もチックコリアとしては革新的なアルバムだった。(以前紹介してますが)
デイブウェックルも難解なドラミング。
(これがまたカッコイイだけど)

ところがですよ、この2枚目。
いきなりライト。
1曲目なんぞは、このタイコは本当にデイブ?と言った感じの、
まあフュージョンビギナーにもすんなり入れるキャッチーなメロディ。

超テクニシャンの集結だからこそのシンプルさがこれまたコニクイノリのよさ。

このバンドは新作も最近出てるんだけど、
このライトイヤーズは「ややこしくないチック」のアルバム。
是非、ドライブCDとして車内に搭載して下さい!
ご愛聴のほど。


試聴はこちら

ライト・イヤーズ
ライト・イヤーズ
posted with amazlet on 06.12.17
チック・コリア・エレクトリック・バンド
ユニバーサルクラシック (2002/06/21)
売り上げランキング: 115383
おすすめ度の平均: 5.0
5 聴きやすいスムーズジャズ



★チックコリア 関連記事>>>


onClick="location.href='http://groove5.seesaa.net'">

posted by groove! at 01:51 | Comment(0) | TrackBack(1) | 鍵盤好きにおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VOL.37 ステップスアヘッド 陰陽

こんにちは!GROOVEです。
このところ1日24時間では、ちょっと厳しい日々が続いてました。
何だかいろんなものに勝てないでいるけれど、
一番勝てないのが「睡魔」です・・・特に春は。

さて、ドラムレッスンのコーナーでアップしたスティーブスミス。
以前、DVDのご紹介をしたステップスアヘッドです・・・

久しぶりに聴いてみたのは実は同じスティーブスミスでもバイタルインフォメーション。
これが久々にはまってカーCDに入れっぱなし。
IAFIAGAっていうアルバムだけど、これがまたどこにも売ってない。
(もちろんネットでいろいろ探してみたけれど)
CBSレコード・・・
これってどこで買ったのだろう??たぶん日本だったと思うのだけど・・・
これがまたスティーブスミスのドラムがえらい冴えわたってて。
まあ買えないものを紹介するより、ということでステップスアヘッドにしましょ。

陰陽。
そう言われるだけで、何だか悟りの境地に入ってしまいそうなイメージがあるんだけど、
実に美しいメロディーが満載です。
美しいといってもケニーGとは異質ですが・・・
以前紹介したDVDあたりの時代なので曲もそのあたり。
スタジオ版もなかなかいけてます。

この色はやっぱりヴィブラフォンのマイクマニエリの色ですね。
勿論、スティーブもきめ細かいノリでとても優雅なドラミングです。
オリジナルメンバー以外にも、
ギターにスティーブカーンやマーカスミラーバンドで活躍してたディーンブラウン
ベースにビクターベイリーとチラホラ楽しめます。

美味しいものを食べたら自然に笑えてくるんだけど、
このアルバムはそんな感じでしょうか。
僕的にはとてもリラックスして聴けるアルバムですね。
鍵盤好きにおすすめにしたけれど、
ヴィブラって・・・管楽器??

ご愛聴のほど。


ステップスアヘッド 陰陽.gif
陰陽
陰陽
posted with amazlet on 06.12.22
ステップス・アヘッド
ビデオアーツ・ミュージック (1992/08/26)
売り上げランキング: 380329


★ステップスアヘッド 関連記事>>>

onClick="location.href='http://groove5.seesaa.net'">
posted by groove! at 01:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鍵盤好きにおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VOL.34 デイビッドガーフィールドDavid Garfield & Friends  トリビュート・トゥ・ジェフTRIBUTE TO JEFF

こんにちは!GROOVEです。

92年に残念ながらこの世を去ったTOTOのドラマージェフポーカロ。
僕も当時はドラム小僧で繰り返し繰り返し彼の8ビートを聴いてました。
京都で見たTOTOの公演が最後だったんだな・・・

ジェフポーカロという人は僕の中ではロックドラマーとしての憧れがあった。
TOTOのアルバムは1枚を除いてほとんどが8ビートの曲。
シンプルなプレイはアマチュアでも解りやすかった。
(でもロザーナのシャッフルは自分でやっても味が出なかったなー)
僕もロックからフュージョンへと聴く音楽の幅が広がった時にフュージョンドラマーとしての彼に出会った。
特に以前紹介したベイクドポテトでのプレイなんてのは凄まじい。

このアルバムは彼の追悼アルバムですね。
僕にとっても想い出の一枚です。
初めてニューヨークへ行ったその日に買ったアルバム。
仕事で何人かのグループでアメリカを回ることになっていたんだけど、
ニューヨークの現地集合。
何だか当時は一人でニューヨークへ行くのも何となく心細くてね。
まあ、何とか5番街のホテルにチェックイン。
時差ボケで結構眠いけど現地はまだお昼。
初めてのニューヨークをちょっと下見するかと歩いてて寄ったのがタワーレコード。
で、これを見つけた。

向こうで聴いたからすごくアメリカを感じるのかとも思ったけど、
やっぱりこれはアメリカしてる。
それもそのはず、参加メンバーが凄すぎる。まさにアメリカのサウンドの集合体だ。
スティーブガッド、スティーブフェローン、デイブウェックル、サイモンフィリップス、
ヴィニーカリウタ、スティーブジョーダン、ピーターアースキン・・・いやはやまだまだ合わせて21人ものドラムの合奏だってある。
勿論、スティーブルカサーをはじめとするTOTOのメンバー、ラリーカールトン、
ポールジャクソンjr、エディバンヘーレン、ジェイグレイドン、マイケルマクドナルド、
ウイルリー、ネーザンイースト、ボズスキャグス・・・ああ、まだまだ。
これほどのメンバーが集まることがこれから先にあるのだろうか・・・

勿論、これらの個性が爆発すると1枚のCDには収まらないので、そこは本題がトリビュートアルバム。
なのでドラマーにもおすすめだけど、ミディアムテンポの曲でもすごく美しい座長の楽器、鍵盤におすすめとしました。
20年以上前に見たジェフのプレイは僕の頭にも今でも焼き付いてます・・・


Tribute to Jeff Porcaro
Tribute to Jeff Porcaro
posted with amazlet on 06.12.22
David Garfield & Friends
Zebra (1997/08/19)
売り上げランキング: 14111
おすすめ度の平均: 5.0
5 トリビュートアルバム
5 drummer's CD



★デイビッドガーフィールド 関連記事>>>


onClick="location.href='http://groove5.seesaa.net'">
posted by groove! at 03:52 | Comment(8) | TrackBack(0) | 鍵盤好きにおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。