ジャズ・フュージョンの楽譜・教則.jpg

VOL.219 T-スクエア T-SQUARE ナチュラル NATURAL

J−フュージョンって言えば、どんなアーティストを思い浮かべますか?
その問いに、かなりの確率で出てくるのがカシオペアと、
このT−スクエアでしょうか。

おもしろいのは、この2つのバンドが「好みの派」に分かれる代名詞みたいなことにもなっていて、僕が見てきた中では、どうやらバンド指向派がカシオペア、そして、楽器はやらないけど聴くのがすきという鑑賞派にT−スクエアのファンが多いような気がします。
まあ、何となくだけど。

そういう僕も実はカシオペアを一所懸命聴いてた口で、スクエアの存在は薄かったんです。
で、きっかけは忘れたけど手にしたのがこの「NATURAL」

いやー、1曲目の「CONTROL」で今までこのバンドを聴かなかったことを後悔した感覚を今でも覚えています。
いかにもオープニングらしい安藤まさひろのワクワクするギターカッティングで始まり、何と言っても則竹裕之のドラムが素晴らしい。
本当に失礼な話しながら今では神保彰とフュージョン界で超人気の則武裕之という人のドラムの凄さを知りました。

全編にわたっての緻密なフレージングは、拍の空間でのハイハット一発にもスリルがあるし、スプラッシュシンバルのサスティンまで計算に入れたもので、アマチュアのセットではちょっと無理があるもののドラミングのバラエティを知るにはとても参考になるドラマーには特におすすめのCDです。

そういう意味で「ドラム好きにおすすめ」としましたが、
勿論、メンバー全てのプレイとその何とも広がりのある録音が素晴らしい名盤ですね。

このアルバムでは、その後活躍するベースの須藤満が加わり、逆に伊東たけしがソロ活動へと向かうという、このバンドが一つのターニングポイントにある時期のものです。

そして、プロデュースにリッピントンズのラスフリーマンが参加している事でもフュージョン界では話題のアルバムでした。

ドライブに連れていくもよし。


NATURAL.jpg
NATURAL
NATURAL
posted with amazlet on 07.03.24
T-SQUARE
Village Music (2001/12/12)
売り上げランキング: 75067
おすすめ度の平均: 5.0
5 SQUAREとしては異質のアルバム



★試聴はこちらで


★T-SQUARE関連記事>>>


バンドスコア Tースクェア「ナチュラル」

T−SQUAREの楽譜


★このCDをセブンアンドワイで見てみる
icon
タグ:T−SQUARE
posted by groove! at 17:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | ドラム好きにおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VOL.174 ザ・ミッシングリンクスTHE MISSING LINKS GROOVIN’

こんなアルバムがユーズドで出てるんですねー。

ミッシングリンクスTHE MISSING LINKS
ミッシングリンクス.jpg

1988年のTHE MISSING LINKSのアルバム。
このいアルバム、いやグループさえもネット上ですらそんなに情報がありません。
そしてジャケット写真すらないので、携帯でパチリと撮ったものです。
(本当は正方形です、すいません・・・)

僕の記憶では、ドラムがオマーハキムだって事だけで買ったような気がします。
改めて今聴いても古さは感じない良いアルバムですね。

曲はオールディーズの懐かしいナンバーがずらり。
オールディーズは苦手だなーという人もコテコテさが無いフュージョンならではの仕上がりで、ゆったりと楽しめます。

で、何だか気持ちいい〜な〜と思わせるこのアルバムには、オマーハキムの他にも納得のミュージシャンが参加してます。

デニスチェンバースDENNIS CHAMBERS(dr)
ビクターベイリーVICTOR BAILEY(b)
ロニードレイトンRONY DRATON(g)
ジョンスコフィールドJOHN SCOFIELD(g)
ナジーNAJEE(sax)
ビルエバンスBILL EVANS(sax)
バーナードライトBERNARD WRIGHT(syn) などなど・・・

日曜の午後に読書でもしながら聴きたい隠れ名盤ですね。

グルーヴィン
グルーヴィン
posted with amazlet on 06.12.11
ミッシング・リンクス
ワーナーミュージック・ジャパン (1988/11/10)



●トップセラー(1時間ごと更新)

onClick="location.href='http://groove5.seesaa.net'">
posted by groove! at 02:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラム好きにおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VOL.149 ナニワエキスプレス RED ZONE

いやー、そろそろキツイですね。
平均以上の仕事量を迫られる今日この頃、
本日の一日中かけてのロケは足腰を直撃しサウナ直行と相成りました・・・

さて、暑くなってきたなーと思った時に何となく聴きたくなるバンドがあります。
ビーチボーイズでもベンチャーズでも南佳孝でもチューブでもないのです。
ナニワエキスプレス!

何で夏っぽいんだろうか?
夏のジャズフェスなんかでよく見たからか、
曲自体が何となく夏っぽいのか?
メンバーが暑苦しい人たち?だからなのか??笑
わかりません。

このRED ZONEというアルバム。
そうベスト盤です。

何だかちょっと音楽の話しを突っ込んで話せる人は何故かベスト盤をちょっと見下した感があります。
僕もちょっとだけそうかもしれません。

そう、アルバムってのは全曲通じての一つの「作品」であるのは間違いありません。
でも、パットメセニーのTHE WAY UPなんかはそうはいかなくとも、
単発で気持ちの良い曲が次々流れる一枚の板は、ドライブにデートに仕事に家事にと活躍してくれます。

このアルバム。僕も全曲のアルバムを持ってます。
と言ってもLP盤。
久しぶりにドライブのお伴でもしてもらおうかと買ってみました。

感想。
いやー、やっぱり素晴らしい〜

ヒョウ柄の着ぐるみのようなオバチャンが出没し、
下手なたこ焼き屋は1ヶ月ともたず、
綺麗なデパートを一歩地下にもぐれば串カツをソーズへドボッとつけて立ち食いする大阪ならではのパワー。

東原力哉のドラムが全てを表現してるのかもしれません・・・
「ここで反対向きにタム回してどこが悪いねん、なあ神保はん?」
と、聞こえてきそうな・・・

「いやいやカシオペアもそら好きなんやで、
そやけど、ナニワの好きなようにやったはるんがごっつ好きやねん」

RED ZONE
RED ZONE
posted with amazlet on 06.12.12
浪花エキスプレス NANIWA EXPRESS
ソニーミュージックエンタテインメント (1993/03/21)
売り上げランキング: 1480
おすすめ度の平均: 5.0
5 ドラムの迫力に声がでず
5 来た来たこれやでぇ
5 浪速のT-SQARE



★ナニワエキスプレス 関連記事>>>


onClick="location.href='http://groove5.seesaa.net'">


posted by groove! at 01:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラム好きにおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。