ジャズ・フュージョンの楽譜・教則.jpg

VOL.258 グレッグマティソンプロジェクト The Baked Potato Super Live! 情報

1月9日に発見した速報です。
ず〜っと、ず〜っと、どこにも新品が無いベイクドポテトスーパーライブ。
何???アマゾンで“在庫4点”あり!!??いきなりですね、
あまりの人気の高さと多くの要望でレーベルが出しはじめたのでしょうか?
それとも何かのきっかけですぐに在庫が無くなるのでしょうか?

いずれにしても在庫はたった4点。(まあ先日1万円以上値をつけていたユーズドも値下がり)
この機会に是非手中におさめて下さい!!!
(1月9日の情報です)

取り急ぎお探しの方へご報告まで


The Baked Potato Super Live!
The Baked Potato Super Live!
posted with amazlet on 08.01.09
グレッグ・マティソン
COOL SOUND (1999/09/30)
売り上げランキング: 2498
おすすめ度の平均: 4.5
5 JEFFとLUKEの最高傑作お早めに!
5 live作
5 故ジェフ・ポーカロの最も生々しいプレイ!
posted by groove! at 20:41 | Comment(4) | TrackBack(0) | すべてにおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VOL.253 THE VIP CLUB Coconut Kiss

「THE VIP CLUB」いやー、何ともシンプルすぎるネーミングが我々日本人にはちょっと戸惑いますね。笑
ちょっとジャケットが洒落てるじゃーないですか。
このイスでブランデー片手に聴いてみろって?
なるほど、これはほろ酔いにピタッとくる1枚。

そもそもはドイツ人のドラマー、ウォルフガングハフナーWOLFGANG HAFFNEERが座長となって集まった“VIP”たち。

このヴォルフガングハフナー(英語読みだとウルフガングハフナー?)はそれほど日本で知られてないかもしれないけれど、パットメセニー、マイケルブレッカー、ラリーカールトン、ボブジェームス、ハイラムブロックなど数々のアーティストとのセッションで活躍する人。

参加ミュージシャンは、
チャックローブ(G)
ジェフゴーラブ(G)
ミシェルフォアマン(KEY)
ウイルリー(B)
パトリックスケール(B)
アンディスニッツァー(SAX)
など
とにかく今のジャズ・フュージョン界でバリバリに活躍している面々です。

アルバム自体はとにかく聴きやすい、というか1曲目のCOCONUT KISSからこれぞフュージョンといったノリで楽しませてくれます。
イントロのウイルリーのチョッパーの決めでもう買いですね。笑
ウイルリーファンにもこれはおすすめですね。

その他の曲も全編にヴォルフガングハフナーの派手さこそないものの素晴らしいビートが存分に楽しめてドラマーには絶対おすすめ。

さすがに百戦錬磨の布陣だけあってパットメセニー風あり、まるでジンサクのようなオーシャン系あり、チャックローブやジェフゴーラブもリラックスしたいいプレイしてるな〜。

あまり知られてないこのTHE VIP CLUB、隠れた名盤で、僕としては超買いです!


Coconut Kiss
Coconut Kiss
posted by groove! at 21:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | すべてにおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VOL.207 アーバンナイツURBAN KNIGHTS  U

1作目は、ほぼジャケ買いだったのだけれど・・・


以前に紹介したアーバンナイツの1作目。
とにかくショップで目を引くジャケットだったのと、
グローバーワシントンjr、オマーハキム、ビクターベイリーと言った買わずにはいられない面々だった訳で、2作目を楽しみにしてました。

さて、2作目を見るとこれらのメンバーががらりといなくなってる・・・
当時、それほどジャズフュージョンにも詳しくない僕が、この2作目を買った理由は、やはりこのアーバンナイツというプロジェクトに流れてる”何か”だったように思います。

ラムゼイルイスRAMSEY LEWISとモーリスホワイトMORRIS WHITE。
アーバンナイツUは、この2人のプロジェクトとして、ジャズ・ソウル・R&B・クロスオーバーといったフレーバーを散りばめてます。

そして1作目に代わって起用されたミュージシャンも素晴らしい。
知名度はデイビッドサンボーン級ではないけれど、実に根強いファンが多い、
ジェラルドオルブライトGERALD ALBRIGHT(sax)
南アフリカ生まれの、これまたジャズフュージョン界で活躍する、
ジョナサンバトラーJONATHAN BUTLER(g)
そして、ソニーエモリーSONNY EMORY(d)などアースウインドアンドファイヤーの面々・・・

ラムゼイルイスと「ジャズ」の現場を共にしてきたプロデューサーのモーリスホワイト。
「時代はテクノロジー優先でサンプリング流行だが、手軽な借り物でカヴァーできるほどブラックミュージックの伝統とは底の浅いものじゃない。同時に、テクノロジーに背を向けなきゃ生き残れないほどヤワなものでもない。本物とはいつの時代にあっても、変わりゆく同じものであり、アーバンナイツのプロジェクトはそこを実践するためにある」

飽きがこないのは、こういう音楽なのかもしれません。
ちょっと洒落たドライブのBGMでも十分楽しめますよ!


II
II
posted with amazlet on 07.02.04
アーバン・ナイツ
ユニバーサルクラシック (1997/03/29)
売り上げランキング: 396917


★視聴はこちらで


★アーバンナイツ 関連記事>>>


★このCDをセブンアンドワイで見てみる
icon
posted by groove! at 13:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | すべてにおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。